上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

kajitsu_2kaisen_001.jpg 

第90回全国高等学校野球選手権大会は、昨日2回戦4試合が行われ、第一試合地元鹿児島代表鹿児島実は、宮崎代表宮崎商との、九州隣県対決延長12回熱闘の末、で勝ちあがり、平成8年準々決勝進出以来、12年ぶり3回戦進出を決めました。 \( ̄▽ ̄)/

先制したのは、3回表鹿児島実で、初回2回宮崎商のランナーが出塁するもなかなか得点を挙げることが出来ない中で、今大会注目宮崎商赤川投手からもらった少ないチャンスを生かしました。先制タイムリーを打ったのは、前回日大鶴ヶ丘戦で、中軸でありながら無安打で、試合後「悔し涙」を流した森田選手でした。

森田選手は、大阪からの「野球留学生」で、初戦では地元の親類らが見守る中、「打撃面」で結果を挙げられず、チーム初戦大勝し、勝利の余韻に浸っている中、ただ一人「悔し涙」を流していたそうで、試合後宮下監督から「打線中軸の奮起が足らない」発破をかけられ、この日は、決勝点となる4点目の打点を挙げるなど、6打数3安打2打点大活躍をみせました・・・・。(ToT)ウルルン

鹿実宮崎商とも、守備面が共に堅実1点を争う好ゲームとなり、鹿実は、先発松窪(まつくぼ)投手から3回岩下投手継投宮崎商赤川投手息詰まる投手戦終盤までもつれました。

8回表鹿実最終打席に立った岩下投手「軸足」である右ひざ上に、空振りした投球直撃し、暫くその場で立ち上がることが出来なかったのですが、「気力」でマウンドに上がりました。ただこの回は、制球を乱し、2四球4番打者の2塁打を浴び、1失点しましたが、その後は再三のピンチ「堅固な守備」で乗り切り、今大会初の延長戦突入しました。

宮崎商は、9回から延長11回まで、毎回「サヨナラ」好機を迎えながら、決定打を欠き、逆に鹿実延長12回、6番打者、主将湊崎選手7回以来の無死からのヒット出塁から、疲れの見えた宮崎商赤川投手を攻め、2死から上位1~3番連続タイムリー安打3点を取り、結局で壮絶な試合を「勝利」で収めました。v( ̄∇ ̄)

次の相手は、東兵庫代表名門「報徳学園」です。ここまで2試合とも「サヨナラ勝ち」で上り調子で、甲子園の地元相手ですので、厳しい戦いを強いられますが、粘り強い試合で、是非「ベスト8」を目指してほしいと思います。( ̄∇ ̄(_ _( ̄∇ ̄(_ _ ) ウンウン

スポンサーサイト
2008.08.11 Mon l 趣味(スポーツ) l COM(0) TB(0) l top ▲

kajitsu_shosen1_006.jpg 

第90回全国高等学校野球選手権記念大会は、本日2日目が行われ、第一試合地元・鹿児島代表鹿児島実業は、西東京代表日大鶴ヶ丘対戦14「圧勝」で、2回戦進出しました。 \( ̄▽ ̄)/

試合前の予想では、日大鶴ヶ丘「強力打線」鹿実岩下松窪(まつくぼ)両投手どう抑えるかというところでしたが・・・・・。

結果的には、鹿児島県大会2割7分8厘鹿実打線が、満塁ホームランを含む、ヒット14本14点を奪う相手打線のお株を奪う攻撃圧勝という結果でした。ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!

1回表立ち上がり先発背番号10・岩下投手が、いきなり相手日大鶴ヶ丘上位打線ヒット2本四球ノーアウト満塁という、絶体絶命のピンチを迎えましたが、その後勝負強い投球三塁手の田野尻選手好守備無失点で切り抜けました。ε= (*^o^*) ほっ

鹿実は、2回裏2アウトから相手守備のミスにつけこんで3点先制、以降3回1点4回2点と、1アウト2アウトからのチャンス確実得点に結びつけ岩下投手は、回を追うごとに、調子を上げて要所締めていきました。( ̄∇ ̄(_ _( ̄∇ ̄(_ _ ) ウンウン

日大鶴ヶ丘5回表先頭打者ライト三塁打出塁、次の打者の二塁ゴロの間1点を返し、この時点ででした。

点を獲られた鹿実5回裏1アウトから下位打線2本の安打死球で、1アウト満塁絶好の機会に、9番打者で、この試合「大活躍」田野尻選手から、レフトポール内側に当たる、大会第二号「満塁ホームラン」が飛び出し、一気10-1と流れを引き寄せました。v( ̄∇ ̄)

その後も攻撃は、終盤7回8回にも2点ずつ追加8回からは、先発岩下投手から、背番号1「本来のエース」松窪投手継投日大鶴ヶ丘に点を許すこともなく、結局14「圧勝」で、第80回記念大会以来、10年ぶり甲子園「勝利の校歌」を歌うことができました。(ToT)ウルルン

次の試合で、宮崎商(宮崎)熊本代表城北勝利し、大会第9日(予定では10日[日]第一試合で、その宮崎商との「九州対決」しかも隣県対決となりました。( ̄▽ ̄;) アハハ

今大会は、初戦同じ地区同士対戦組まれるトーナメントになっていますが、昨年から、今まで西対決改正された結果です。「脇村高野連会長」になってから、運営に関して「疑問符」が付く場面が多くなりました( ̄~ ̄;)ウーン・・・

ともかく、初戦突破した鹿実力強さに、久々「手ごたえ」を感じました。

是非次の試合「鹿実魂」頑張ってほしいと思います。(* ̄▽ ̄*)二コッ♪

2008.08.03 Sun l 趣味(スポーツ) l COM(0) TB(0) l top ▲




3月に入って、2回目のブログ更新です。( ̄▽ ̄;) アハハ



年度末でもあり、前のブログとの「引継ぎ」作業もあって、まだまだ完全にこちらのブログを更新できないのですが・・・・。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・



本腰を入れて、本格的な始動となるのは、来月中旬になるかもしれません。(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪




さて、センバツが開催されておりますが、地元鹿児島から初出場した、鹿児島工業(県立)は、3月28日(金)の第3試合で、京都代表の伝統の「強豪」である、平安と、センバツの延長15回制になってからは、2年ぶり3回目の「延長再試合」で3-3の大接戦を演じました。




そして昨日の第一試合に、再試合が行われましたが、残念ながら0-1で惜しくも敗れ、ベスト8進出はなりませんでした・・・・。Σ(T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!




金曜日は「後攻」で、延長戦では有利な立場なのですが、実際、延長突入後は何度も「サヨナラ勝ち」のチャンスがありました。ただ、伝統的に堅実な守備の平安。送りバント攻撃に「プレッシャー」をかける内野の守備に、持ち前の「機動力」が発揮できずに、勝ち越しはなりませんでした。




お互い先発投手の好投で、大接戦となったのですが、7回表に2点先攻する平安に、鹿児島工業もその裏2アウトから、奇跡的に2点取って追いつきました。延長11回表に平安が1点の追加点を上げ、半ば諦めていたのですが、まさか・・・・の同点。o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o



ただ、長打力に欠ける打線のため、攻撃力・決定力不足という「欠点」が心配された試合でした。



そして昨日は、前回200球近い投球を投げ抜いたエース、内村投手が肩や筋肉の張りを訴え、代わりに公式戦で、わずか1試合弱しかない控えの石堂投手が先発、内村選手はライトの守備で試合を迎えました。攻撃の順番は前回とは逆で、鹿工が先攻となりました。



その石堂投手が、予想に反して、内村投手に負けないくらいの好投を見せました。



4回裏、2アウトから6番打者の打球が、さほどライトの守備に慣れていない内村選手を襲い、ボールを取り損なう間に、打者は3塁へ、次の打者が投球2球目にタイムリーヒット。この試合も平安が先制しました。<(ToT)> シマッタァ!
やや、この回は石堂投手の制球が甘くなったようでした・・・・。



ただ、石堂投手は5回以降も相手打線を完璧に抑える好投。
ところが、鹿児島工業のバント攻撃は、なかなか通用せず、ヒット数では平安を上回ったものの、なかなか進塁できずに、結局無得点で試合終了・・・・。(ToT)ウルルン



残念ながら、おととし夏の準決勝進出の「再来」は叶いませんでしたが、「夏」に向けて、大きな収穫を得たのは確かです。投手陣は全国に通用するレベル、守備面でも絶対の「自信」になったと思います。ただ、「打撃面」は、長打力とバントの正確性、盗塁などに「課題」が残ります。(-_-ll)
しかしながら、ベスト8に進出出来る能力は十分にあるチームだと思いますので、「夏」に向けてさらなる飛躍を願っております。( ̄∇ ̄(_ _( ̄∇ ̄(_ _ ) ウンウン




今大会は、大会2連覇なるかと注目された、静岡の常葉菊川が2回戦で、また優勝候補ともいわれた横浜が初戦(2回戦)で、まさかの敗退ということで、やや関心が薄れてきたようですが、全体的に投手力が高レベルで接戦が多く、見応えのある試合ばかりですね。うふふ♪ (* ̄ー ̄)v



今日、ベスト8進出校が決定しましたが、そのうち近畿勢が4校、東洋大姫路(兵庫)・天理(奈良)・智弁和歌山・平安・・・いずれも過去甲子園で「優勝」を成し遂げたツワモノ揃い、そこに聖望学園(埼玉)・長野日大の初出場組、最近甲子園で実績を上げている千葉経大付と、9年前のセンバツで沖縄に初の「優勝旗」をもたらした時のエース、比嘉公也監督率いる、沖縄尚学の顔ぶれです。




おとといの試合順延で明日の第一試合に登場する平安は、事実上は明日4月1日より「龍谷大平安」と校名変更するのですが、今大会ではは「平安」として出場しております。野球部創立100周年の記念の年に、最後の「平安」としての出場でもあったので、例年以上に「執念」があったのかも知れません。(  ̄- ̄)フムフム




それだけに、何処が「優勝旗」を持ち帰ってもおかしくないのですが、そうなると智弁和歌山・天理・沖縄尚学などが有力候補になりそうです。
ただ、昨年夏の延長再試合を制し、優勝した佐賀北みたいな「勢い」を感じる、平安も捨て難いです。ね。(*≧m≦) ププッ




今日夕方、鹿児島工は地元に帰ってきました。
瀬田豊文校長はこの日で「定年退職」を迎えました。
かつて、鹿児島玉龍高の選手で2回、母校の監督として1回の「甲子園出場」、そして最後の職場となった鹿児島工業の夏・春出場を見届けて、さぞや「満足」されたことでしょう。(ToT)ウルルン




昨年は、21年振りにセンバツ出場を果たした鹿児島商業の児玉前校長(定年退職)が、かつて鹿児島県の高校野球の指導者として、自身は甲子園出場は果たせなかったのですが、最後の勤務地になった高校の野球部が、念願の甲子園出場に感涙したことが、昨年地元の話題となったことを思い出します。('-')(,_,)('-')(,_,)ウンウン



昨年の鹿児島商(鹿児島市立)、今回の鹿児島工業(鹿児島県立)と、公立校の活躍は、大変目覚ましいものです。長らく「私学上位」といわれ、鹿児島実・樟南(旧鹿児島商工)ばかりの地域でしたので、これから他の「公立校」の活躍が期待されます。ワクワクq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pドキドキ




鹿工(ろっこう)ナイン、お疲れ様でした。そして感動を☆⌒(*^-゜)v Thanks!!
また、夏に「雪辱」出来るようにキバッテほしいです。(≧∇≦) V




※写真は、地元新聞の昨日の試合の記事紙面です。
2008.03.31 Mon l 趣味(スポーツ) l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。